ハワイ好きの友人へのお土産には

ハワイのかき氷バニアンの窓からクヒオ通りを眺めていると

ハワイのレンタカーは毎日必要なわけではありません
電話機に書いてあると思います。部屋にWI-FIのルーターが付い<チェックインやアウトの時間の融通が利く>これも非常にありがたいのですが、予約時にはチェックインは15:00~、チェックアウトは11:00までと書いてありますが、大概の場合は到着後すぐにチェックイン出来ます、ハワイ到着便は早朝が多いので、大変助かります。例外は当日の朝まで別のお客さんが滞在していて、清掃が間に合わない場合ですが、年末年始でもなければ大丈夫でしょう。チェックアウトも帰国便が夕方便の場合でも融通聞かせてくれます。<洗濯機や乾燥機がある>フロア毎に洗濯スペースがある場合と、プール等の低層階に洗濯スペースがある場合がありますが、料金も安く便利です。特に子連れの場合は、服を汚してしまう場合も多いので、すぐに洗濯が出来るのはありがたいですね。

アメリカで取得した飛行ライセンスは一定の手続きを行う事で日本でも有効ですので

洗濯機の支払いはクレジットカードが直接使えたり、事前に専用カードにチャージしたり、施設によって色々です。ホテルの予約から滞在の流れは皆さんご存知だと思いますので、ここではコンドミニアムの予約から滞在の流れのみをご案内します。<予約はコンドミニアム専門のサイトから>検索エンジンで、ハワイコンドミニアムとかバケーションレンタルと検索すれば、多くのサイトが出てくると思います。恐らくどの会社も聞いたことの無い社名だと思いますが、どこでも問題ないと思います。サイトによっては個人で所有する部屋のみを紹介している場合もあります。

 

アラモアナ·ショッピング·センターまで戻る

保険が切れることは無いはずです。またそのクレジットカードで旅費を支払った場合のみ保険がまたアメリカ全般に言えることですが保険料が高額なため、にしてください。無保険でクルマを運転している人が多いようです。このような人達との事故に巻き込まれた場合には、相手からの治療費や賠償が全く当てになりません。自分自身を守るためにも海外旅行保険は必ず入るよう。実際の生活それでは実際の生活に役に立つ情報、現地に馴染むコツ、安く生活するテクニックなどを紹介していきたいと思います。

アラモアナSCに行った
短期観光と違い、長期生活で時間に余裕があるからこそ可能なテクニックはたくさんあります。あいさつ簡単なことなのですが、まずは気軽にあいさつすることから始めてみてください。ハワイ生活に溶け込んできたと言えるのではないでしょうか。アメリカでは、あいさつができる人とできない人とでは大きな違いがあるのです。シャイで英語に苦手意識のある日本人には意外とハードルが高いのですが、これができるようになると散歩中やジョギング中にすれ違う人と目が合ったら、知らない人でもニッコリしながら軽くHelloやHiとあいさつします。

 

ハワイへと飛ぶことも同じマイル数で可能なのです

たとえば私は午前中にダイヤモンドヘッドの外周をジョギングするのですが、犬の頭を撫でているオジさんがいました。何度か顔を合わせるうちにどちらからともなく声を掛けるようになり、いろいろと話ができるようになるのに1週間も掛かりませんでした。毎朝必ず同じ場所に座ってこのように同じことを繰り返していると、同じ時間に同じところにいる人と挨拶ができるようになり、いつのまにか自然と会話が始まります。そのためにもHi!が大切なのです。同じようにロコ達が通う所にリピートするのもお薦めです。ガイドブックを見ていろいろなお店を試したい気持ちは分かります。

米国にセカンドハウスを持っているという立場は

ハワイで開催されるマラソン大会の「InTraining「トレーニング中」」という文字の入ったTシャツが良く売られているのですが、それを着ていて「頑張れよ!」と声を掛けられたことも何度か。ロコっぽく見られることは観光客から脱皮することでもあり、犯罪に巻き込まれにくくなるというメリットもあるのです。ですから日頃からロコの服装を参考にして、高価な服を着るよりも地元に溶け込んだファッションをするように心掛けましょう。ロコとの交流ロコの世界に入り込んでいくと言うと、なんだか大変なことのように思えますが、少し工夫をすれば意外と簡単だったりします。私がよく使うのはビーチに行く時間を決めたり、散歩やジョギングの時間とコースを決めたりといったように「毎日、同じ時間に同じ事をする」という方法です。